クレカ現金化、その方法と危険性。あなたの信用は大丈夫か

今すぐにお金が必要だけど、手元にない。

金融機関で借りるのは難しく、クレジットカードのキャッシュ枠からももう借りられない。

そんな緊急時にクレカ現金化という手法があるのをご存知ですか?

そもそも現金化とは?カードにはキャッシュ枠とショッピング枠がある

クレジットカードにはキャッシュ枠とショッピング枠があります。

キャッシュ枠とはいわばカード会社からお金を借りることのできる枠です。

消費者金融の代わりをカード会社がやっているというイメージです。

この枠が50万円なら50万円まで借りることができます。

一方、ショッピング枠とはその名の通りショッピングに使える金額のことです。

枠が100万円なら100万円までカードでショッピングできます。

現金化はこのショッピング枠を使って、現金を入手する方法です。

現金化、その手法は大きく分けると2つ

業者を通すか、自分で行うかです。

業者を通す場合、専門の業者の指定する商品を買い、その商品を買い取るという形で現金を受け取ります。

ただし、業者のマージンが入るため還元率は80%くらいが相場です。

つまり1万円の物を購入した場合、8000円が手に入るということになります。

自分で行う場合はまず、研究が必要になります。

どんな商品を買うか、どのような形態のお店に買い取ってもらうか、店はどこが良いのかなどを自分で見極めなければなりません。

うまくすれば還元率90%前後はいくかもしれません。

カードの現金化はグレーゾーン、当然危険性も

すぐにたいしたこともせずに現金が手に入ると聞くと多くの方は怪しむことでしょう。

実際カードの現金化は大部分がグレーゾーンであり、業者が法的に罰せられたケースもあります。

利用者が捕まるケースは稀でしょうが、バレた場合リスクがあります。

1つ目はクレジットカードの使用が停止されてしまう可能性です。

クレジットカードによる現金化はカード会社の規約によって禁止されています。

現金化がカード会社にバレた場合、クレジットカードが使えなくなってしまう可能性があります。

2つ目はもっと重要なあなたの信用が低下することです。

例えば新たに別のクレジット会社にクレジットカードを作ることはできるでしょう。

しかしあなたは要注意人物としてマークされるかもしれません。

3つ目は自己破産した時に現金化した分が認められないケースです。

もうにっちもさっちもいかなくなった時、助けてくれるのが自己破産です。

自己破産によって他の借金はもちろん、クレジットのキャッシュ枠で借りたお金も帳消しになります。

しかし現金化したお金の分は違法性の問題やあなたが犯罪に加担して得たお金と認識される可能性があり帳消しにならない場合もあります。

このように書くと怖い現金化ですが、先にも書いたとおりグレーゾーンです。

賢く使えば、便利な面もあります。

・急に身近な人が倒れて、入院費が必要になった
・主婦や学生で金融機関からお金を借りることができない人でも使える
・キャッシュ枠に比べると金利が安い
など利点をあげることもできます。
ようは使い方次第です。

現金化の仕組みをよく理解して賢く利用しましょう。