現金化は結局のところ「得」といえるのか?目先のお金だけを追うと大変なことに

近年、クレジットカードのショッピング枠を使って、現金を入手する方法がもてはやされています。
審査なし、即現金化など甘い言葉が並びますが、実際はどうなのでしょうか。
リスクとリターンを考えた場合、本当に得になったと言えるのでしょうか

リターンはすぐに現金が手に入ること…でも

冠婚葬祭などで急にお金が入用な時が人生にはあります。
そんな時、カードの現金化は審査もなく、すぐに現金が手に入るためとても良い方法のように感じます。
しかし、実際は借金が増えただけ。後から返済しなければなりません。
その上、業者を使った場合トラブルに巻き込まれることがあります。
指定された商品を購入しても現金が振り込まれないなどの詐欺に合う可能性も。

あなただけの損では済まないケースも

カードの現金化はカード会社の規約に違反しています。
バレた場合、カードの使用停止、キャッシュ枠で借りたお金の一括返済を求められることもあります。
また多くの現金化業者はヤミ金まがいのことをしていたり、背後に暴力団がいたりします。
あなたが多重債務者になってしまうだけではなく、反社会的勢力の資金源にされてしまう危険性があります。

クレカ現金化は法律が追い付いていないため、違法行為と言えないのが現状です。
しかし消費者庁もホームページやポスターを作成し、注意喚起しています。
またお店に「公安委員会の許可を受けています」など、きちんとしたところが保証しているように錯覚させる表示があったりします。
これは古物商として許可を得ているだけで行為そのものが認められている訳ではありません。
溺れる者はわらをもつかむといいますが、現金化にだけは手を出さない方が賢明と言えるでしょう。